虫歯

虫歯の原因

虫歯の原因

1. 口の中にたくさん住んでいる細菌のおもな虫歯の原因菌がストレプトコッカスミュータンスレンサ球菌です。

虫歯の原因

2. 飲食物の中の「糖質」を栄養に口の中の虫歯菌が、歯の表面に粘着質の物質をつくります。

虫歯の原因

3. プラークとは、粘着質の物質の中に虫歯菌や他の細菌が定着し、増繁殖していくものです。

虫歯の原因

4. 虫歯とは、プラークの中の虫歯菌が食べ物の中の「糖質」を材料に酸をつくり、徐々にエナメル質を溶かしていくことです。砂糖だけではなく、米やパンにも「糖質」は多く含まれており、普通の食事をすれば間違いなく含まれています。

虫歯の予防

  1. プラークが歯に定着しないように歯をきちんと、こまめに磨きましょう。
  2. アメなど糖質の多いモノの摂取量を減らしましょう。
  3. 糖質の摂取回数を減らしましょう。
  4. 生えたての永久歯や乳歯は歯質が弱く虫歯になりやすいので、歯質の強化を図りましょう。 
  5. シーラント、フッ素入り歯磨き・ジェル、フッ素塗布などで予防をしましょう。
虫歯の予防

プラスチックでシール(ガード)する方法で、特に6才臼歯は虫歯になりやすい為、歯の溝を予防します。

虫歯の予防

歯磨き後のフッ素ジェル
フッ素入り歯みがき

虫歯の予防

フッ素塗布

深い虫歯の進行

深い虫歯の進行

虫歯が深部まで進行すると、細菌のために 歯髄(神経)に炎症が起きます。

深い虫歯の進行

さらに炎症が進むと歯髄(神経)全体に広がります。

深い虫歯の進行

そのまま放っておくと歯髄(神経)は死に、細菌が 根の先に流れ、膿のフクロができます。

深い虫歯の進行

時にはその膿が歯肉を破って外に排出されることもあります。

深い虫歯の進行

歯髄(神経)の治療が不十分な場合、再び根の先の病気になることがあります。

再度、歯髄(神経)の治療をやり直す必要があります。